伝え方について考える。其の2

IMG_2474

前回この場で書いたことの続き。

ここ数年の取り組みとして、『より良い商品をより良い状態でお客様にお届けしたい』という想いから、あちらこちらの産地に向かい様々な生産者の方と交流をはかっている。いろいろと苦労も多いのだが、結構楽しいと感じてる。徐々にではあるがお客様にもご理解と一定の評価をいただいている。産地にまつわる歴史を学び、生産者の方々の思いを商品とともに届けていくために必要な事は何か?

それはまさに『伝える力』。わかりやすく表現すること。デザイン、キャッチフレーズ等ビジュアル的な要素や空間全体の調和。ただ良いだけでは人々の心を動かすことが出来ない。自分たちの考えを生産者に伝える力、生産者の思いを消費者に伝える圧倒的なパワー、情熱、テクニックが必要なのかもしれない。

IMG_0236

水産物の魅力は、他のものにない素材の多さと長年にわたって先人達に培われてきた魚食文化にある。この文化の継承、魚食普及、食育に取り組む決意、覚悟、勇気。ビジネスモデルの構築。果てしなく遠く長い道のり、どこまで辿り着くことができるのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL

« »