姫島について。其の2

島の魅力とは何か?そもそも日本は島国で、四方を海に囲まれているからこそ魚食の文化が生まれ、育まれてきた。多種多様な魚が身近な存在であるが故、魚に対する感謝畏敬の念が消費する人々に希薄になってきている。
魚以外にも食べるものが沢山あり、仕事に忙しい現代人に便利(?)な食品がコンビニで手に入る。便利だから考えない。日本の漁業や水産業の現状についてどれだけの人が危機感を感じているのだろうか?限りある水産資源、特に国内の本当に美味しい魚を大切に、環境に配慮しながら安全な魚食を継続して届ける責務・使命を果たしていくことを考える。

IMG_0295

姫島の魅力

国東半島の北に位置する姫島は、車海老、カレイ、ウニ、タコなどの水産資源に恵まれた瀬戸内海の国立公園である。人口2,500人ほどの小さな島は毎年お盆に行われる『姫島盆踊り』で多いに盛り上がる。キツネ踊り、アヤ踊り、タヌキ踊りなど子供達の可愛い化粧と仕草に人気がある。今回、大分・国東半島フェア開催で、ご縁をいただいたので、今夏は是非訪れて見たい。

DCF 1.0

今回の国東半島とのご縁でつながった、工房『ラパロマ』の中野伸哉さん、ご子息の中野マーク周作さんにも会いに行きたい。

IMG_3001

IMG_2953

中野マーク周作さんの作品『キツネ踊り』。一体一体手作りなのでそれぞれ表情が違って愛くるしい。時を忘れて見入ってしまう。

IMG_2998

五十集では『姫島盆踊り』を再現してみた。


この記事へのコメント

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを残す

この記事へのトラックバックとピンバック

現在、この記事へのトラックバックはありません。

TrackBack URL

« »